自分で出来る!エアコン掃除のカビ除去手順とセルフ掃除のメリットデメリット

自分で出来るエアコンのカビ除去手順やカビの生えやすいパーツなどについて解説しています。また自分で掃除する際のメリットデメリットについても解説しています。

現代人の生活に欠かせないエアコンですが、「つい掃除を忘れる」「掃除がめんどくさい」と放置してしまいがちです。実はエアコンはカビの温床となりやすく、放置していると健康被害につながってしまいます。そこで今回は自分で出来るエアコンのカビ除去、自分で掃除をするメリットデメリットなどを順に解説していきます。

自分で出来るエアコンのカビ除去

掃除可能な箇所

まず注意ですがカビはエアコン内の環境をとても好むため、状況次第で爆発的に繁殖します。またホコリはカビが繫殖するための餌となるため可能であれば業者に依頼し、一度エアコン全体を完全にきれいにすることをおすすめします。業者への依頼をすすめる大きな理由は、自分で掃除できる場所には限りがあるからです。また掃除機能付きのエアコンでもカビや臭いは除去できないので注意して下さい。

素人でも簡単に掃除可能な部分は、主に取り外しが可能なパーツに限定されます。カビが発生しやすい取り外し可能なパーツは
・フィルター
・ルーバー
・フロントパネル
以上の3つです。それぞれのパーツを簡単に紹介します。

フィルター

フィルターはエアコンを開けるとすぐ見えるわかりやすいパーツです。チリやホコリがたまりやすく、カビの繁殖しやすい箇所です。エアコンを使うほど、汚れていくのでこまめな掃除をおすすめします。頻度としては週1回掃除ができると良いです。

ルーバー

ルーバーはエアコンの外にある目立つ横長のパーツです。フィルターに比べると、汚れは溜まりにくく感じますが、気が付くとカビなどで黒くなっていることがあるので、定期的に掃除をして下さい。頻度としては3ヶ月に1回程度などで大丈夫です。

フロントパネル

フロントパネル はフィルターをおおうパーツです。取り外し方が機種ごとに異なりますので、取扱説明書などを確認することをおすすめします。ルーバーと同様、気が付かないうちに汚れがたまるので、こちらも3ヶ月に1回程度の頻度で掃除して下さい。

カビ掃除手順

まず上記3か所の掃除に必要なものは
・タオル2枚程度
・古い歯ブラシなど柔らかめのブラシ
・水で薄めた台所用洗剤
以上3つです。

フィルターを洗浄する具体的な手順ですが
・電源を抜く
・エアコンを開いてホコリを除去する
・フィルターを外し掃除機をかける
・水圧でフィルターを水洗い
・残ったホコリ、カビをブラシで落とす
・水気を拭き取り乾燥させる
以上の6つです。順に解説していきます。

エアコンの電源を抜く

危険なので感電などを防ぐ意味で必ず電源プラグは事前に抜いておいて下さい。

エアコンを開いてホコリを除去する

エアコンのフロントパネルと呼ばれる部分を開き、掃除機で表面のホコリを吸い取って下さい。フィルターに沢山ホコリがついていた場合には、外す前に掃除機でホコリをある程度まで除去して下さい。また汚れがほとんどない場合や、掃除機が重いなどの理由で除去が難しい場合、無理してやらなくて大丈夫です。

フィルターを外し掃除機をかける

ゆっくりとフィルターを外し、ホコリが舞わないようにして下さい。そして外す前に除去しきれなかったホコリを掃除機で除去して下さい。注意ですがフィルターの裏面から吸ってしまった場合、ホコリがフィルターに詰まってしまうことがあります。かなり取りにくくなるので、表裏の確認をして下さい。

水圧でフィルターを水洗い

掃除機で除去しきれないほどの細かいホコリやこびりついたカビを水圧で流して下さい。掃除機の時とは異なり、今度は裏面からホコリを押し出すようにして下さい。先ほど同様注意ですが、表面から流してしまうと、フィルターにホコリが詰まります。必ず表裏の確認をして下さい。

残ったホコリ、カビをブラシで落とす

上記のように念入りに掃除をしたとしても、細かいホコリやカビが残ることはあります。もし残ってしまった場合は、用意した水で薄めた台所用洗剤を少量かけ、やわらかめのブラシでゆっくり丁寧に除去して下さい。台所用洗剤を使えばフィルターを傷めることなく掃除できます。

水気を拭き取り乾燥させる

ホコリやカビが除去できたら、タオルでフィルターをはさんで水気をとって下さい。タオルを使用するのは乾かす時間を短縮するためです。水気が無くなったらフィルターを干し、完璧に乾燥させて下さい。乾燥していないフィルターを使用すると、カビや臭いのもととなるので半日〜1日ほどかけてしっかり乾かして下さい。

ルーパーやフロントパネルは基本的に拭き掃除で問題ないです。目に見える範囲のカビや汚れを除去して下さい。ホコリはカビの餌となるので念入りに除去することをおすすめしますが、エアコンの取り外し可能部分以外の内部はあまり触らないことをおすすめします。理由は非常にデリケートな部分であることと、洗剤などを誤って使用した場合故障する可能性があるからです。自分で出来る箇所の掃除を終えてもカビ臭い場合などには業者へ依頼してみて下さい。

自分で掃除をするメリットデメリット

ここではカビ除去のため、エアコン掃除を自分でする場合のメリットデメリットについて紹介していきます。

メリット

主に挙げられるメリットは
・業者を呼ぶ必要がない
・空いた時間に掃除可能
以上2つです。

・業者を呼ぶ必要がない

当然の話ですが、業者を呼ぶとなればスケジュール調整が必要であったり、人によっては片付けが必要であったりします。普段から忙しい人などであればなおのこと、業者に依頼することが難しいと思います。そのため、そのような場合には自分で日数を分けて掃除するなどした方がメリットが大きいと思います。

・空いた時間に掃除可能

前述の条件と重なる部分もありますが、子育てや仕事で毎日忙しく業者を呼ぶ時間がなかなか取れない人にも、自分で掃除をすることはメリットが大きいと言えます。自分で掃除をする場合ならスキマ時間を利用し掃除が出来るので、無理にスケジュールを空ける必要もないです。また場合によっては業者を呼ぶより楽だと思います。

デメリット

主にデメリットとして挙げられるのは
・掃除の仕方を間違うとエアコンが壊れる
・再発生しやすい場合がある
以上の2つです。

・掃除の仕方を間違うとエアコンが壊れる

エアコンの内部は濡れてはいけないパーツや洗剤を使えないパーツなどデリケートな部分が多いです。そのため誤って触ってしまうと、場合によっては故障することがあります。フィルターなどを掃除してもカビ臭い場合やエアコンの内部まできれいにしたい方は業者を呼ぶことをおすすめします。

・再発生しやすい場合がある

エアコンは前述した通り、カビが好む環境となります。そのためエアコンの内部にカビが隠れていた場合には、根本的な解決とはならずカビが再発生しやすくなります。カビによる健康被害も考えられるので、一度汚れなどをすべてリセットするという意味で業者へ依頼してみる方が良いです。

まとめ

自分で出来るカビ除去の手順やそのメリットデメリットは伝わったでしょうか。エアコンは本文に記述した通りカビが好む環境なので、発生するのは仕方ないことです。しかし放置すると大繁殖をする上、自分で手を出せないなんてことになりかねません。そのため、まずは掃除をしてみて、目に見える範囲のカビの量などからエアコンの状態を確かめてみることをおすすめします。