共働きガイド TOP → 共働きの子育て 子育ての壁1

子育ての壁1

子育ての最初の壁になるのが3歳といわれています。3歳児神話という言葉があり、これは子どもが3歳になるまでは、母親が育児に専念して愛情を注いだ方がよいという考え方です。

3歳児神話について意識していなくても、生まれたばかりの子供を預けて働きにでることに対する抵抗や、子供におかえりを言ってあげられないのはかわいそうなどの発想によって、様々な場面で私たちの生活の中に長く組み込まれ続けています。

経済的な問題を考える必要がない場合は、自ら定めた期間を家事や育児に専念するというライフスタイルを自由に選ぶことができます。

しかし、中には自らの意思に反して、子育てに専念してあげないと子どもがかわいそうとか、自分には仕事と子育ての両立が無理といった理由で仕事をやめようと考えている場合は、ちょっと立ち止まって考えてみる必要があります。

女性が共働きをして、育児と仕事を両立していこうと考える時に大きな壁となるのが、自らが抱え込んでしまう罪悪感と言われています。

仕事を続けることを希望するのであれば、時間が制約されて、一般的な主婦とおなじ内容の育児や家事をこなすことができなくなってしまうのは当たり前のことです。

そこを前向きな姿勢で乗り切っていくのがワーキングマザーの醍醐味なのですが、この時点で、自分が働いているために子供が寂しい思いをしていることや、家事を十分にこなせていないことに対して罪悪感を抱いてしまう方も多いようです。

しかし、大切なのは自分がどのような生活をしたいのかであり、胸を張って自分のスタイルを選び取っていくことが大切です。


共働きの子育て


抗血小板剤
抗血小板剤なら医療関係者向けの製品情報サイトで!

レーシック
レーシックなら吉野眼科にお任せください!