共働きガイド TOP

共働きガイドへようこそ!

現代は2人に1人の主婦が働いているといわれています。しかし、働く主婦にとっては、仕事と家事や子育ての両立はなかなか難しいものです。教育や家族とのコミュニケーション、地域社会との関わりあいなど、生活上の課題は山積みです。

最近は核家族化が進行しているにも関わらず、共働き夫婦が増えているようです。おじいちゃんやおばあちゃんと同居していたり、近くに住んでいたりするわけでもないのに、共働きで子育てされている家庭も多いと言われています。

共働きしなければいけない事情はそれぞれの家庭によって異なるものです。以前の日本では結婚後は、男性が働いて女性は専業主婦として家事や子育てを行うというのが一般的であり、それが暗黙の了解のようになっていました。現在でもその傾向は未だ存在し、寿退社という言葉が今でも使われています。

しかし、バブル崩壊後に企業が正規雇用を絞り込むようになり、固定費削減を行うようになりました。その結果、仕事が増えても給料が高くない正社員や、忙しい時だけ限定で雇うことができる派遣社員をはじめとした非正規雇用労働者が増えるようになったのです。

共働き夫婦が増えるようになった背景には、夫の収入だけでは生活がきつい時代になってきたということがあります。また、女性の社会進出が進むようになり、結婚や出産後も働きたいと希望する女性が増えるようになったのもそのひとつといっていいでしょう。

共働き家庭では、仕事と家事や育児を両立していくうえで様々なことが要求されます。正社員で働くと残業が断れなくなり、プライベートを犠牲にしなければいけない場合も多々あるでしょう。

共働きの家庭が生活しやすい環境を作っていくためには、共働き家庭の生活の在り方や子育てについて、家事についてなど、様々な面から考えていく必要があります。 

共働きガイドでは、共働き家庭が暮らしやすいように、子育ての事や家事の事、困った時に頼れる機関などについて様々な情報をご紹介しています。


貸し会議室を大阪・大阪市で
参考サイト

セラフィン
参考サイト

似顔絵 プレゼント/a>
ギフトにもぴったり

バーベキュー
参考サイト

トランクルームを大阪・大阪市で
参考サイト

プチギフト結婚式
http://www.we0808.jp/

狭山市・所沢市の新築一戸建て 不動産 仲介手数料無料
参考サイト

大宮の縮毛矯正・トリートメント・美容院・美容室
参考サイト

http://richidad-office.com/http://richidad-office.com/ロバートキヨサキやキャッシュフローゲーム 

ユリアージュ URIAGEhttp://frammes.com/ura00076.html